トイ・ストーリー・マニア
トイ・ストーリー・マニア

2017年6月Disney旅行記【6】

早朝から起きてしまった5号。
入園間際に眠気が襲って、ぐずりはじめ~おお慌ての我が家。
キャストさんの機転で何とか無事入園できたものの、その後も引きずり~母に抱っこの5号。

東京ディズニーシー:世界通り

東京ディズニーシー:世界通り

人の流れはメディテレーニアンハーバーを左へ~
右を見ると開園グリーティングのピノキオを発見!!

ちょっと寄り道して、お写真撮ろう~と、ちびちび探検隊。
でも、5号を降ろした途端…大泣き(; ・`д・´)

ピノキオ:グリーティング

ピノキオ:グリーティング

この旅行から一年後、5号はピノキオと素敵な再開を果たすのですけど

この時は、ただただ申し訳ないばかりでした。

ピノキオごめんね…でもf:id:arimomamalovedisney:20171001192244g:plain母にとって、朝イチ いい写真が残りましたf:id:arimomamalovedisney:20170930082341g:plain

\(^o^)/さあ~トイマニに行こう~

トイビル・トロリーパーク!!

トイビル・トロリーパークに到着で~す(^o^)/
1号、2号、3号は、既にトイマニに搭乗。

待っていた父とちびちび探検隊が合流、トイマニに㏌~
でも、いまだご機嫌が直っていない5号。

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

一方 ウキウキ~元気百倍な4号

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

さ~楽しもう~ヽ(^o^)丿

Disney大好き・大家族の豆知識?: トイ・ストーリー・マニア

『トイストーリーマニア』は、「アンディーのおもちゃ達」が、作ったアトラクション。

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

ウッディーの口から入って~私たち人間が、小さくなっておもちゃの世界へ入って行けくのですf:id:arimomamalovedisney:20170930102245g:plain

f:id:arimomamalovedisney:20171001190439g:plainf:id:arimomamalovedisney:20170930103903g:plainf:id:arimomamalovedisney:20171001190439g:plain

ミニミニ~おもちゃの大きさになって進みま~すf:id:arimomamalovedisney:20171001192128g:plain
懐かしのおもちゃや、トイマニのアトラクションに関連した世界を歩いて行くと~

 ほらf:id:arimomamalovedisney:20170930073957g:plain大きな~ドア~
トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

 ここは、アンディーのお部屋

時は、映画『トイストーリー』から『トイストーリー2』の頃と思われます。
主人公「アンディー」が、カウボーイヒーローの「ウッディー」から、新たな宇宙ヒーロー「バズライトイヤー」に夢中になったころではないか?と

f:id:arimomamalovedisney:20171001192102g:plain何故なら~トラムに乗り込む場所に見えるは、アンディーのベッド
そこに見えるキルトのベッドカバーが宇宙タイプ。

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

このキルトカバーは、映画『トイストーリー』の前半に登場するのです。

アンディーのお誕生日に新しいおもちゃ『バズライトイヤーf:id:arimomamalovedisney:20170930071016g:plain』がやってきて
[アンディーの一番のおもちゃ]が『f:id:arimomamalovedisney:20170930071020g:plainウッディー』からバズに取って代わられてしまうのですが。

その時の「アンディー」の心の移り変わりの様子は、部屋の装飾で表現されていました…
ベッドカバーも、「ウッディー」のモノから「バズ」のモノへと変わっていきます。

そのベッドカバーが、トラム搭乗口から見える宇宙のキルトカバーです。
あのベッドの上によじ登ると~きっと特大のバズが描かれているはずですf:id:arimomamalovedisney:20170930071016g:plain宇宙の彼方へ~さあ行こ~f:id:arimomamalovedisney:20170930081203g:plain

「ウッディー」が 「バズ」に焼きもちを焼き、ひょんなことから二人は「アンディー」のお部屋から出てしまい・・・歯車が狂って狂って~思いがけない悪い展開になっていくのです。。。

でも、このアトラクションは、2人が中心になって作り出した物であることがわかるので~f:id:arimomamalovedisney:20170930071020g:plain f:id:arimomamalovedisney:20170930080953g:plain f:id:arimomamalovedisney:20170930071016g:plainf:id:arimomamalovedisney:20170930102159g:plain
もう「ウッディー」も「バズ」も固い友情で結ばれた後と考えられ・・・

『トイストーリー』から『トイストーリー2』のころと推測されます。
ちなみに『トイストーリー3』は、アンディーが大学生になって巣立つ頃のお話です。

右端のキルトのカバー見えますでしょうかf:id:arimomamalovedisney:20170930103840g:plain

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

私たちがトラムで向かうは~
キルトがめくれている~ベッドの下ですf:id:arimomamalovedisney:20171001191309g:plain

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3歳前の子供には・・・ (。-`ω-)???

さて、トイマニには、これまでにも何度も乗っていた5号ですが・・・この時は、朝から眠さでぐずってしまったせいか、一回目で懲りてしまい。
二回目の直前には、「怖いf:id:arimomamalovedisney:20171001191124g:plain」と言いだし、なだめすかして乗せるまでに少々手こずりました。
トラムまでの道のりは~家族揃って進んで楽しそうだったのですがね

やっぱりやだ~f:id:arimomamalovedisney:20171001192023g:plain ってそんな~

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

私はこの時の5号の経験から、個人差はあれど・・・トイマニを楽しみながら乗れる年齢の境目は、3歳以上~と考えるようになりました。

トイマニの楽しみ方

3歳を越えた現在でも未だフリーの3D眼鏡が合わないため、トイマニを純粋に楽しむことができない5号です。
同乗者は、シューティングはそこそこに~子供の補佐をして楽しませるというのが現状です。

2017年3月の旅行記シリーズでトイマニについて書いたブログです。

記憶と理解力と身体と、様々な面で3歳以上から少しずつ楽しめるアトラクションになってくるものと思います。

先ずは記憶

なにより楽しむためには、トイストーリーの物語を理解し・・・キャラを覚えていることが一番。
なので、トイマニに載せたいのであれば、行く前の『トイストーリー』教育は、必須ですf:id:arimomamalovedisney:20171001192232g:plain

スポンサーサイトAmazon
トイストーリーシリーズ

そして理解力

乗り物に乗りながら、的を狙う・・・ということが理解できるようになるには、イメージを持たせることが大事。
先ずは、公式のトイマニ映像を見せましょうf:id:arimomamalovedisney:20171001192232g:plain

公式の映像でイメージしてね

このようなグッズもありました
f:id:arimomamalovedisney:20171014074342g:plainお家に居ながらにしてトイマニ気分~

スポンサーサイト Amazon

 

 イメトレに~( *´艸`)最適~f:id:arimomamalovedisney:20170930102502g:plain

次は、身体

三歳前では、まず手が届かない。
届くようになっても『シューティング・ロディット・シューター』を持って、狙って、紐を引くことは、まずできない。

トイ・ストーリー・マニア

トイ・ストーリー・マニア

f:id:arimomamalovedisney:20170930103855g:plainこれは、スタンバイルートにある『シューティング・ロディット・シューター』展示品で~すf:id:arimomamalovedisney:20171001192244g:plain
これがトラムについています。
案外に重い、しかも片手で持って片手で紐を引くは、小さな子には無理。
同乗者が、持ってあげて、狙ってあげて、子供に紐を引かせるしかありません。

でも、紐を引くことができるようになったら、どんどん楽しくなってきますf:id:arimomamalovedisney:20171001191006g:plain

肝心要の~3D眼鏡!!

そ・し・て、今回も書きますよ~
小さいとフリーの眼鏡が合わないf:id:arimomamalovedisney:20180222205002g:plain
そのため、3D映像が、まともに見えないのが何よりの難点。

せめて、映像がまともに見えたら嬉しいのですけれど・・・
子供用3D眼鏡販売してくれたら~f:id:arimomamalovedisney:20180222205002g:plainMY3D眼鏡を持って~もっと楽しめるようにできるのにな~f:id:arimomamalovedisney:20171001191233g:plain

Disney関係者の皆様f:id:arimomamalovedisney:20171001191233g:plain
Disneyの商品開発の皆様f:id:arimomamalovedisney:20171001191233g:plain
どうか、子供用3D眼鏡販売をご検討くださいf:id:arimomamalovedisney:20171001191233g:plainf:id:arimomamalovedisney:20170930104043g:plain

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

(^o^)/ということで、ある程度の年齢になるまでは~
同乗者は、『マッドマウス』並みに動くトラムで左右に持って行かれる子供を支え、頭を守り。

止まったら子供のメガネを固定しつつ、『シューティング・ロディット・シューター』を固定し、子供に紐を引かせる。
自身もトラムに固定されているため、キツイ姿勢になりますが、そこは頑張って子供を中心に楽しみましょうf:id:arimomamalovedisney:20170930081127g:plainf:id:arimomamalovedisney:20170930102404g:plain

そして、どうしても子供用3D眼鏡がほしい母ですf:id:arimomamalovedisney:20171001191233g:plain

子連れアトラクションの選び方!!

さてさて~以上の様なお話を踏まえて、ありもママは、『トイストーリーマニア』は、3歳以上~が適していると勝手に結論付けました。

東京ディズニーシーでは、子連れの始まりがトイマニになっているので、
「猫も杓子も~トイマニに・・・」ではなく、子供の年齢に合わせて選ぶことをおススメします。

我が家は、年齢様々なので、5号が生まれてから~スパルタで乗せてきましたが、
「(。-`ω-)b乗れると、楽しんで乗るは違う。」と断言します。
せっかく、あさイチでスタンバイやファストパスを取って乗ったのに~子供も親も楽しめないようでは、つまらない。

上のお子さんがいる方は、交代乗りがOKなアトラクションなので、是非 利用してくださいね。

ちなみに、5号は、この時を最後にトイマニを楽しめるようになりました。
この後の2017年10月には、怖がらずに搭乗。
2018年3月には、眼鏡は、ズレてしまうから要らないと、着けずに、しかも、自分でマシーンを持って シューティングをしながら会話を楽しむほどになりました。

ありもママの赤ちゃん連れの方へのアドバイス( *´艸`)

赤ちゃん連れのシーの開園後のアトラクションスタートは、やっぱりマーメードラグーンか、アラビアンコーストがいいかな?と思います。

みんな、アメリカンウォーターフロント方面に向かうので、少しタイムラグが生じます。
空いているうちに、ベビちゃんと乗れる乗り物に乗ってみてはいかがかと…

その昔、アーリーエントリーで(30分前入園?だったかな?)シーに入ったことがありました。
上三人は、パパと絶叫系へ向かい~

母と小さな4号は、マーメードラグーンへまっしぐら~
f:id:arimomamalovedisney:20171001191129g:plain4号と二人で独り占め気分で闊歩したマーメードラグーンは、後にも先にもあれっきりの素敵な思い出です。。。

もちろん、グリーティングやショーを重視でもいいと思います。
我が家は、基本アトラクション派なものでf:id:arimomamalovedisney:20171001190643g:plain
赤ちゃん連れの のんびりさはないので、参考にならないかな~m(__)m

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.

さあ~トイマニにも二回乗ったし~f:id:arimomamalovedisney:20171001192128g:plainf:id:arimomamalovedisney:20170930104133g:plain
例の場所へ~

ニューヨーク・デリ

ニューヨーク・デリ 

我が家定番の朝のコースです( *´艸`)

つづくf:id:arimomamalovedisney:20171001192221g:plain

2020年6月追記:リライト作業を終えて

現在 2018年6月旅行記を書き始めていますが
この2017年6月旅行記前後の記事は「ピノキオのグリーティング」→「トイマニの楽しみ方」→「トイレの子供仕様への変化」と内容がリンクしていまして、まとめて再編集となりました。

トイマニ関連では、朝イチ アトラクションなので、特に思い入れが強く
子供用3D眼鏡を販売して欲しい!!は、私の悲願。
もうブログを読まない長女に「ママね~今3D眼鏡を販売してくれないか~って、訴えているんだよ~」と、「このコロナ禍で、大人だって欲しがる、潔癖の方もいるし売ったら買うっしょ~?」話すと。

「ん~f:id:arimomamalovedisney:20171001191323g:plain確かに~各アトラクションの3D眼鏡が売られていたら~全部買いたくなるわ~」と、我が家の危うい金銭感覚を垣間見せて賛成してくれました。
再開に向けて、商品開発&販売を検討してくださらないかな~な ありもママです( *´人`)

是非 Twitterで繋がりましょう( *´艸`)

おすすめの記事