セレブレーションホテルディスカバー
セレブレーションホテルディスカバー

2017年10月Disney旅行記【37】

この日はハロウィーン後半の週末ということもあり、大変な混雑で、日中はアトラクションのスタンバイの列が通常の2~3倍。
初のマルチデーパスポート・スペシャルを生かして、ディスニーシーへ途中移動。

ある意味 アトラクションのリゾートライナー(ニモ&フレンズライナーやハロウィン仕様のリゾラ)に乗り

ニモ&フレンズ・ライナー

ニモ&フレンズ・ライナー

ディズニーシー『ゴンドリエ・スナック』でジェラートを食べたり、海底2万マイルに乗ったりして、ゆったり楽しみました。

その後にランドに戻り~初のイーストサイドカフェでお腹も気持ちも満たされ
その後、検査入院している義理の母のお見舞いに行っていた父と学校だった長女がパークin、家族はバズにて合流。

揃ったところで、雨で空き始めたアトラクションを網羅すべく、夜のランドを進め進め~で、手当たり次第に左回りで間髪入れず乗りまくり、元を取って?終了。

ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメアー

ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメアー

途中、分散して行動し、母と4号はスターツアーズに乗ってから、ハロウィーンのワールドバザールをのんびり散策して、セレブレーションホテルへと戻りました。

セレブレーションホテル ディスカバー:クインテットルーム

クインテットルームは、ディズニーホテルの中で唯一格安で大人5人子供添い寝2人まで入れるお部屋です。
家族だけでなく学生さん同士など仲間内での滞在向き

セレブレーションホテル ディスカバー:クインテットルーム

セレブレーションホテル ディスカバー:クインテットルーム

お値段的には、大変おすすめなのですが・・・
我が家はこの時以降、泊まりに行っていません。

なんたって、家族が反対するのです。
パークから距離があることも一つの要因ですが、雨が降っていたこともマイナス要因になってしまいました。

その要因とは!?

クインテットルームの難点

 

さて、この日は午後から雨が降り出したと書きました。
季節は、ハロウィーン後半の10月下旬、着ているものは、秋冬もの。

 

主に雨でぬれたのは足元の靴やジーパンなどの厚手のズボンと上着のジャンパー
これを・・・乾かすのが大変。

1ハンガーの数

先ず、ハンガーがベッド数だけなので5本だったのかな?
これにはジャンパーをかけましたが、とても本数が足りない・・・

そして掛ける場所がない・・・壁に沿ってぺったりと付いた板。
この一枚板の表に掛けるのはいいのですが
板の裏はぺったり・・・正直 濡れたものを干す場所には適していないのです(;´・ω・)

セレブレーションホテルディスカバー:クインテットルーム

クインテットルーム:写真中央の板がハンガー掛け

そのため、二段ベッドの柵に掛けたりしました。
ちびさん達のものは、クローゼット板の両脇角に直掛けしました。

ディズニーホテルデラックスタイプでは、クローゼットはもちろん、ハンガーも少なくともベッド数×2以上はあります。
種類も、普通のハンガーとピンチ付きのハンガーがあるので用途に合わせて使用できます。

2濡れたズボン

さて、ズボンですが、合羽を着ていてもひざ下が濡れてしまっています。
翌日分の替えがあればいいのですが、今回は二泊とは言え、パークを挟むのは一日なので、ちびさん二人以外は、替えを持ってきていませんでした。

これも干したいが場所がなく難しく、少しドライヤーで熱を当ててから、ベットの柵やベビーカーなどに掛けて朝まで干しました。
・・・翌日、湿っぽかったですが、まあまあ穿ける状態になりました。

3濡れた靴

濡れた靴は・・・家から持ってきた新聞紙をめっちゃ交換して、少ししたらドライヤーを当てて、また新聞紙を詰めて押して滲みさせて
それを順繰り、何度も何度も繰り返し、何とか復活させようとしました。

が・・・ま、掃ける程度にはなりましたけど、そこまで乾きませんでした。
空間が狭すぎ、湿気が多い?

4濡れた合羽、ベビーカーのレインカバー

それから、乾かすというよりも、まずは拭くことから始めたのが合羽とベビーカーカバー。

狭い空間、スーツケースとベビーカーでいっぱいな入り口付近。
とにかく拭き作業が大変。

スーツケースを寝かせて合羽を拭くので、家族がお風呂やトイレに入る度にスーツケースを立てて移動し対応。
拭き終わったところで、ハンガーもないので、お風呂やトイレのドアなどに掛けたりして干しました。

ちなみに他に濡れた靴下などもありまして
持ってきたスーパーのビニール袋に入れまして翌日に封をしましたf:id:arimomamalovedisney:20171001190431g:plainこれが~くちゃいくちゃい

また、ちびさん達のズボンやタイツはもう履く予定はありませんが、靴下と同じく軽く乾かさないと、バックの中で蒸れてしまうので、そのまま仕舞えず

濡れたモノは、全て干さねばならず、とにかく掛けれるところは なんでも活用し、駆使ししました(;・∀・)
この時のお部屋の様子は~とてもお見せできる状態ではないので写真に残っていませんが( *´艸`)大変な散らかりようでした。

そんなこんなで夜中2時までかかり、母の睡眠時間が削られました。
以上、大家族の母のDisney旅行 苦労話でした。

はじめてのセレブレーションホテル・・・
デラックスタイプのホテルでも、同じように苦労はしますが、ハンガーもあるし、何せ部屋がもう少し広いので置き場がある。

もしかしたら、スタンダードルーム二部屋にしていたら子供たちの印象も そこまで悪くなかったのかも?しれません。
…が、この時で すっかり凝りてしまったようでf:id:arimomamalovedisney:20171001190310g:plain

その後 母が選択肢にセレブレーションホテルを入れようとしても、父をはじめ 子供たちからも猛反対が入ることになりました。
全く(T_T)貧乏人のくせに困ったものだ・・・

セレブレーションホテルの難点:駐車場の利用時間

翌朝、 疲れていても、なるべく早くパークに入りたい母。
ドタバタの荷造り、 ホテルを出る日は、とにかく大変。
その上、濡れたものをバックやスーツケースに仕舞えなかったので、二重の苦労・・・

なんだかんだで部屋を出て玄関に着いたのが7時ちょい過ぎ。
バスで行っても良いのですが、セレブレーションの駐車場は、12時までに出庫しないと馬鹿高い駐車料金が課せられてしまうので、このまま撤退。

この辺りも、ランドホテルやミラコとの違いかな~( *´艸`)
ランドホテルやミラコスタは、チェックアウトの12時まで置いて置けるので、楽ちん。
その上荷物も預かっていただけるのもいいところ。
ちなみにアンバサダーホテルも昼までですが、パーク駐車場の駐車券がいただけるのでありがたいです。

ということで、車をつけて荷物を積み込み、一路ディズニーシーへ

セレブレーションホテルディスカバー

セレブレーションホテルディスカバー

この日は、台風が間近に迫ってきていたので朝からけっこうな雨。

東京ディズニーシー駐車場

東京ディズニーシー駐車場

気合を入れて~パークへ向かいました!!

つづくf:id:arimomamalovedisney:20171001192221g:plain

是非 Twitterで繋がりましょう( *´艸`)

おすすめの記事