楽しみにしていたサローネ・デッラミーコで母を襲ったものとは?
東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

ご来訪ありがとうございとうございます!!
ずっと温めていた
2018年ハロウィーン旅行記です!!
いいお部屋に泊まるのなら~チェックイン時間から入りたい!!
ひと足先に~母と5号が東京ディズニーリゾートへやって来ました。

2018年10月Disney旅行記【11】

コロナが発生する前のディズニーハロウィーンに想いを馳せて…
貧乏なのにアホみたいに決行した2018年、2019年のハロウィーン旅行

当時、この旅行計画中のアクセストラブルに苦悩した話二話。
その旅行実行後にに[Disney時事ネタ通信特大号]といたしまして、帰宅後に[ザ・ヴィランズ・ワールド]のまとめ記事を〇話分投稿しています。

ただいま残り リライト作業途中ですm(__)mもう少々お待ちください。

ザ・ヴィランズ・ワールド2018

ザ・ヴィランズ・ワールド2018

ああ、イーヴィルクイーンの手下姉さん方 素敵だったな~
ただただ、[ザ・ヴィランズ・ワールド]が 大好きすぎてまとめた記事…
(カメラ)下手の横好き~ぼけぼけ写真ばかりですが、情熱のある間に[ザ・ヴィランズ・ワールド]のARIVERまとめ記書いておいてよかった…。

ご興味があったらお暇なときに覗いてみてください( ^)o(^ )

サローネのカフェタイム

チェックイン準備を待つ間「ゆっくりしてお待ちください~」と、ラウンジに通していただきました。
サローネのラウンジに早めに入らせていただき、好きにジュースやコーヒー紅茶もいただけて~
お部屋に入れるまでの時間が潰せて助かりました。

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

フレーバーウォーターには、レモンでミッキーさんが…(*^-^*)?
この時はちょっとズレちゃっていたので…これ?ミッキー?それとも偶然?だったのですが
別日には、バッチリf:id:arimomamalovedisney:20170930071244g:plainミッキーシェイプ、キャストさんに確認したところ正解でした。

5号ちゃんはリンゴジュースと、大好きなコインチョコを、ひとりでモリモリ食べていました。
母も紅茶をいただいて~「ほぅ~」無事にたどり着けて、緊張が解けました。

夢の中のありもママ

お席は手前の大きな窓の前の子供テーブル椅子の可愛いお席と、円卓。

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

二人で二台は さすがにもったいないので「子供椅子に座って良ければ~こちらの(子供)テーブルだけでいいです」と、そちらに座らせていただきました。

夢ごごち~でも 現実が頭をかすめ…

お席に通していただいて、窓の外に心を奪われて夢心地~

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

東京ディズニーシーホテルミラコスタ:サローネ・デッラミーコ

でも…
この貧乏な家族が…ここにいてもいいのだろうか!?
そんな不安とも怯えとも言えない気持ちがどこかにありました。
何といっても、大きな子供達は奨学金(子供の借金)で学校に通っている…

そこへ…サローネのお姉さんが「〇〇様、いつもご利用いただきありがとうございます!!この度はバルコニールームを三泊も…」
母は、イッキに現実を見た気がしました…

≪やばいやっぱりここにいちゃいけない、こんな贅沢しちゃいけないはずだ…なんてアホな夫婦なんだ≫という羞恥心が電流のように身体を巡りまして。
「あ、はい、ありがとうございます。」と、素っ気ない返答をしてしまいました…

本当は≪そうなのですぅ!!間際にすごい幸運で!!Disneyの神様が取らせてくれたのだと思いますぅ!!≫と騒ぎたい気持ちだったのに…
その後のお話の内容も記憶にないくらい…も~恥ずかしくって恥ずかしくってキャストさんのお顔もあまり見れなくて…

チェックイン手続きで、入り口のデスクに行った時も、さっき声をかけてくださった方はどなただろう??と探してしまうくらいなにも覚えていない。

あの時のサローネのお姉さんキャストさん、気持ちの高ぶりとは真反対の態度をとってしまってごめんなさいm(__)m
心の葛藤、そんな事情があったのです…やっと書くことができました。
先行投稿の予約の話の時もさすがに3泊と書けずに2泊とした程です。

本当は、嬉しさいっぱいでした。。。
キャストさんの両手を取って「ありがとうございます!!すっごく楽しみにして来ました!!」って満面の笑みで返したかった…。
申し訳ありませんm(__)m今でも心に引っ掛かっています

ということで 母を襲ったのは…ジミニークリケット、母の良心でした。

チェックイン

チェックインの順番が来てデスクに移動しました。
いつもなら主人がやることを母がせねばなりません。
そして、いつもなら家族がいるので、5号ちゃんを置いていけますが…二人なので引き連れていくしかありません。

すると、5号ちゃんが退屈しないようにと、キャストさんがディズニーのマグネット本を貸してくれて、横で遊んでくれました。

そんな和やかな雰囲気の中、チェックインできるなんて至れり尽くせり。
子供の事まで気にしてくれる素敵なキャストさん…
さっきのキャストさんだったらいいのだけれど…確認が取れないまま…作業は進みました。

「さっきは、ごめんなさい。ホントの私の心はウキウキです!!」そう皆さんに伝えたかった、ありもママでした。

スペチアーレルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)~!!

[サローネ・デッラミーコ]で無事チェックインを済ませ、キャストさんに案内していただき、お部屋へやって来ました。

スペチアーレルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)

スペチアーレルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)

スペチアーレルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)
バルコニールームです!!

[ザ・ヴィランズ・ワールド]を観たいがために早く来た事を伝えていたので
キャ「では~ショーをお楽しみください!また後で、ラウンジにもいらしてください。お待ちしております。」と、言っていただき
キャストさんは、サローネへと帰って行かれました。

たまに、ちょこちょこ書いてきていますが…我が家にとって~このお部屋は、リベンジ…

何故リベンジだというのか…2009年のDisney旅行記のお話をさせていただきます。
この家族に何があったのか!?

つづくf:id:arimomamalovedisney:20171001192221g:plain

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m!!
次回から、ちょこっと2009年のDisney旅行記のお話をさせていただきます。

引き続きお読みいただけたら幸いです!!

コメントを残す

是非 Twitterで繋がりましょう( *´艸`)

おすすめの記事