読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disney大好き大家族・ありもママの日記(ブログ引っ越しました)

Disneyが大好きな大家族が、一年中Disneyの事を想って貧乏暮らしをしています!年に1~2回のDisney旅行の思い出と、ちょっとした豆知識からDisneyでの過ごし方のヒントになればと思います。その他、日々の生活と ありもママの独り言も交え綴っています。

スペチアーレ・ポルト・パラディーゾ・サイドハーバールーム(ピアッツァビュー)の広いお部屋に子供たちだけで宿泊。母と父とベイビーは、義父の待つ実家に戻りました. ~Disney旅行記・2016年3月・真実の話【17】

〇東京ディズニーリゾート 〇東京ディズニーシーホテルミラコスタ -スペチアーレ・ポルト・パラディーゾ・サイドハーバールーム(ピアッツァビュー) -Disney旅行記・2016年3月 真実の話
 

スポンサーサイト楽天トラベル

2016年3月旅行記

4月から書いてきました「2016年3月のDisney旅行記シリーズ」
前回は、ホテルのご紹介に従事させていただきました。

今年3月の一年越しのDisney旅行は、計画6ヶ月・・・パークin 1年ぶり・・・
Disneyの神様がくれた数々の奇跡・・・
我が家の今回のDisney旅行への想いはひとかたならぬものでした。

本当に本当に 
この計画が持ち上がってからというもの
それはそれは、家族みんながとっても とっても楽しみにしていました

でも 今回の旅行は、いつもの様な浮かれたありも家族とは少し違いました。。。

今回は、2016年のDisney旅行記を時系列で『我が家が あの日あの時をどう過ごしたのか・・・』を記録したいと思います。

この記事は、今までのDisney旅行のお話とは、少し違うものです。

東京ディズニーシーホテルミラコスタの様子を知りたいだけ~という方は、
こちら「ミラコスタ紹介シリーズ」をご覧ください

 

arimomamalovedisney.hatenablog.com

 

 

 

東京ディズニーシーホテルミラコスタ


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Diseny旅行~ミラコスタ2日目~

Disney旅行2日目です。

今日も、おじいちゃんの病院へ行き、みんなで付き添いし

夕方、ミラコスタに一足先に帰らしてもらったDisney大好き大家族女子。
『テルメ・ヴェネツィア』、『サローネ・デッラミーコ』、
お部屋にて『ファンタズミック』も観て~楽しいミラコライフを過ごさせてもらっていました。
これから打ち揚げられる花火を見に、玄関に向かう女子チームに
おじいちゃんの訃報が届きました。。。

花火を見た後の部屋

ポルト・パラディーゾ・サイドハーバールーム(ピアッツァビュー)4名対応

ミキランジェロから帰ると~
ソファーベットにひとり、
ハリウッドツインのベットにひとり、
なにもわからないチビちゃんがウロチョロしていました。
お部屋が、とても広く感じました。

娘 「どうなるの?」

母 「う~ん。とりあえず、父さんからの連絡待ち。」

3号が「明日、パークは?」といいました。。。
「パークは、入れないよ。おじいちゃん亡くなったんだし、明日は、お通夜・次にお葬式になると思う。」

おじいちゃんの死は、悲しいし、大変なことだってわかっているけれど、
つい確認してしまった。そぐわない言葉。

3号は、とっても がっかりしてソファーベットに寝っ転がり、
壁を向いたまま動かなくなってしまいました。

母の心の中
《ごめんね。みんな でも 今は、おじいちゃんをしっかり見送ろう。》
 

サローネへ

その後 『サローネ・デッラミーコ』へ行きました。
チェックインをしている方もいたので、中で話すのも。。。と、思い。
キャストのお姉さんに出てきてもらい、誰もいない廊下で事情を話しました。

今晩も明日の宿泊もどうなるかわからないこと
たぶん、明日は、キャンセルになるだろうこと
とりあえず、主人からの連絡待ちになっていることを伝えました。
明日、ディズニーシーだった場合に
せめてもの贅沢をとマゼランを予約していたので
そのキャンセルもお願いしました。
お部屋に帰ると9時をまわっていました。

私の実家の母にも連絡しました。
お葬式などの日程もわからないけど、
とりあえず、出発前に用意しておいた もしもの時の荷物
あさイチで送ってもらうようにお願いし、
お通夜やお葬式の日程が決まったら連絡するからと、電話をきりました。

子供達は、重い空気の中 テレビもつけずに黙っています。

3号に声をかけれないまま・・・さて、どうしたものかと  
しばらく途方にくれていました。

このまま、旦那の実家に行かなければならないかも・・・
とりあえず、荷物をまとめておこう。

そして 5号を寝かせる準備のためにお風呂に入れよう。
思い立って動き始め、お風呂の準備をして

3号の顔を覗いて見ると・・・いつの間にか3号は寝てしまっていました。
さぞかし、ガッカリしたことだろう。本当にごめんね

4号と5号とお風呂に入って~寝かし付けて。。。
Disneyに居ながらにして数時間、音のないまま過ごしました。


今晩は・・・

連絡もないまま、時間が過ぎていきました。
どんな状況かわからないので こちらからも連絡できずにいました。

お姉ちゃんは、ひとり黙ってスマホをいじっていました。

11時半ごろ、父と男子が帰ってきました。

病院から義理の父を連れて帰り、安置して、葬儀屋さんとのはなしを終え戻ったのです。

父 「今日は、俺だけ実家に帰るから、みんなは、ここに泊まっていいよ。明日、朝、迎えに来るよ。」

母 「そうなの?一応、出れる用意はしていたんだけど・・・」

父 「とりあえず、父ちゃんが下の部屋に寝てるから、今晩は、みんなで帰っても泊れないと思うんだ。」

母 「私は?」

父 「ありも も今日は、こっちでいいよ。せっかく楽しみにしていた部屋じゃないか・・・。」

母 「でも・・・。最期あってないし。行くよ。」

父 「そっか、悪いな。ありがとう。」

1号・2号が居たら大丈夫、安心だ

父・母「朝、迎えに来るってことで、任せていいかい?」

1・2号「大丈夫だよ。」

父は、お昼の残りのパンを持ってきていました。

そっか、ご飯忘れてた。。。
胸がいっぱいって こんな感じ
食いしん坊のありもママも お腹が空いていません。

子供達も「いいや~」「いらない。」

おじいちゃんの死は、それだけ 大きな悲しみだもんね。。。


実家へ

たぶん実家に帰ってもお風呂には入れないだろうからと
主人も お部屋のお風呂に入りました。
主人の『ポルト・パラディーゾ・サイドハーバールーム(ピアッツァビュー)』のお部屋 滞在時間30分・・・。

「じゃ、明日、迎えに来るから。よろしく。」
1号と2号に下二人を託し、部屋を出ました。。。
父と母と 寝ている5号は、父の待つ家へ帰りました。

東京ディズニーシーホテルミラコスタ


主人は、道すがら
ずっと楽しみにしていたDisney旅行が変わってしまったこと
明日のパークに入れなくなったこと
あの広い部屋に泊まれなかったことを詫びました。

私は、先に書いたように
2日間だけだけど、みんなで付き添えてよかった。
何より、遠方の私たちが、こっちにいる間に見送れたことは、奇跡にちかい。
お義父さんも きっと それを望んでいたと思う。
何より、見送った主人の想いも違ったことだろう。

パークに入らなくてよかった。
もし、パークに入っていて 訃報を聞いたら
みんな どんなに後悔していたことか。
これでよかったんだよ。と応えました。

真夜中、実家に帰って来ました。
辺りは、とても静かでした。
今朝、母を迎えに来た時と何も変わらない様子でした。

父は、寝室に安置されていました。
もう、お線香をあげる台や、お花が飾られていました。
お義父さん、遅くなりました。。。」

お線香をあげて、リビングに行くと、母と、弟たちがいました。
みんなで、一晩中、父のお線香番をしながら
今日の別れの話、お通夜・お葬式のこと、今までの事などを とめどもなく話しました。
寝ている5号を抱きながら~父の思い出話に耳をかたむけていました。

息子たちに見守られて父が微笑んでいるような気がしました。

明け方ちかく、義理の母に 「ありもママは、少し寝たら?」と促されて
5号とお布団で一寝入りさせてもらいました。


つづく