Disney大好き大家族・ありもママの思い出ブログ

Disneyが大好きな大家族(子供5人)です!!
一年中Disneyの事を想い,年に1~2回のDisney旅行に全てをかけています!!
想いのつまったDisneyの思い出をのんびり書ています。(時季外れになります)
ちょっとした豆知識なども織り交ぜています!
子連れDisneyデビューの方は必見!?かもです(*´▽`*)!!
更新は、週に2~4回になります( *´艸`)

『ファンタズミック』開始10分前ギリギリ到着!!バルコニーでを見ることができるのか!? ~Disney旅行記・2016年3月・真実の話【7】

 

2016年3月Disney旅行記

4月から書いてきました「2016年3月のDisney旅行記シリーズ」
前回は、ホテルのご紹介に従事させていただきました。


今年3月の一年越しのDisney旅行は、計画6ヶ月・・・パークin 1年ぶり・・・
Disneyの神様がくれた数々の奇跡・・・
我が家の今回のDisney旅行への想いはひとかたならぬものでした。

本当に本当に 
この計画が持ち上がってからというもの
それはそれは、家族みんながとっても とっても楽しみにしていました

でも 今回の旅行は、いつもの様な浮かれたありも家族とは少し違いました。。。

今回は、2016年のDisney旅行記を時系列で『我が家が あの日あの時をどう過ごしたのか・・・』を記録したいと思います。

この記事は、今までのDisney旅行のお話とは、少し違うものです。

東京ディズニーシーホテルミラコスタの様子を知りたいだけ~という方は、
こちら「東京ディズニーシーホテルミラコスタ紹介」をご覧ください

 

arimomamalovedisney.hatenablog.com

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。
 

 

スポンサーサイト  

 

Diseny旅行~1日目~

Disney旅行の出発日、おじいちゃんに会うため、みんなで病院へ向かったDisney大好き大家族。
一日、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚のおじさん、おばさん達と過ごしました。
 
おじいちゃんに付き添い一日ゆったりとした時間を過ごし
おじいちゃんに「また来るね」 と、さよならを言い 病院を後にしました。
 
義理の母を送って~いよいよ~今回のDisney旅行のメーン
東京ディズニーシーホテルミラコスタへ~向かいました
 
高速から見えたディズニーランドホテルに~みんなの気分が~高まります
初日は、『スペチアーレ・ルーム&スイートポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ピアッツァビュー)』
このお部屋の最大の特典は、バルコニー
ミラコスタに着いたのは、『ファンタズミック』開始の10分前でした。。。


東京ディズニーシーホテルミラコスタ

つづきです

おお~」「キター」

東京ディズニーシーホテルミラコスタ

ミラコスタのシンボルの噴水~やっぱり素敵~
 
 
だけど感動も~そこそこにしないと
『ファンタズミック』に間に合わな~い
そうこうしている間に玄関に到~着 
 

東京ディズニーシーホテルミラコスタ



ホテルミラコスタの玄関&ロビー

正直・・・ありもママは・・・ホテルの玄関ってちょっと苦手なんです。

ミラコスタの素敵な制服に身を包んだ~素敵なキャストさんが~たくさん待ち構えていて~ 
ホイホイと荷物を預かってくださいますが・・・なにせ大人数
我が家は、荷物も人も多い・・・車がごちゃごちゃしてて恥ずかしいのです。。。


今回は、特に急ぎたいので~
一番大きなスーツケースとボストンバックだけを出して預け、
他の荷物は後ほど取りに来ることにして~
ベビーカーと各自の手荷物のみを出し
主人は駐車場へ GO~
私は、子供達と共にミラコスタへ~in~
うるうる

東京ディズニーシーホテルミラコスタ

7年ぶり・・・やっと、ここに入れた・・・うるうる

ホテルには、誰でも入ることができるのは、知っています。
ロビーで休むことも
ミキランジェロでのお買い物も、ベッラビスタなどのレストランも利用できました。

宿泊が叶わなくても、来れたのですが
我が家は、七年前にチェックアウトしたときから~
ここには、入りませんでした。。。

宿泊が叶うまで・・・と封印していましたので
(封印というか・・・なんとなく、入れなかっただけ

とてもとても感慨深かったです 

東京ディズニーシーホテルミラコスタ


感動もひとしお

でも!!
今は、それどころではない!!
子供達をロビーに置いてスグにフロントへ~


スポンサーサイト  

スペチアーレ特典
『専用ラウンジでチェックイン』

そして、ありもママは、決めていました
特典である、『チェックインをサローネでゆったり~』を~放棄することを

フロントのキャストのお姉さんに予約番号、名前等を告げると、サローネを案内されました・・・

母 「ここで、チェックイン手続きはできませんでしょうか?
  もうすぐ『ファンタズミック』が始まりますよね・・・
  できたら、お部屋のバルコニーで見たいのですが・・・
  サローネには、後でゆっくり伺いますので・・・」

キャストさん 「かしこまりました。では、こちらでお手続きをさせていただきます

主人が来るまでの数分間に記入やカードキー作成など、手際よく、どんどん進めていただきました。

こんな状況だったので

キャストさんが、お部屋のターンダウンについて尋ねてくださったのですが・・・
 《ターンダウンって?何のこと?》と思いながら~とにかく早くしたくて
母    「お任せします。」聞き返さず~何でもいいや~早く!!とお返事してしまったのです。
キャストさん「では、ターンダウンをさせていただきます。」
母    「はい、いいです」とわからず答えてしまったのです
《ターンダウンって?何のこと?》と思った話については・・・
 

arimomamalovedisney.hatenablog.com

 


手続きが終わるころ、主人がフロントに到着。
「ただいま、お部屋のご準備ができましたのでお部屋にご案内させていただきます」とフロントキャストのお姉さんが言い。

振り向いて子供達を捜そうとすると~
すぐさまベルキャストのお姉さんが、入り口で預けた荷物カートを持って
さっそうと現れ「ご案内いたします
ありも家族しゅ~ご~
「お部屋へレッツゴー」となりました。

あの時のフロントキャストのお姉さん、手際よくチェックイン手続きをしてくださりありがとうございましたm(__)m
40過ぎのおばさんが、フロントの机越しに
早く『ファンタズミック』が観たいと落ち着きなく、ウキウキワクワクと仕事を急かしてきて~
ビックリさせちゃったよね~すいません


スポンサーサイト  

スペチアーレ・ルーム&スイート
ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ピアッツァビュー)へ

ベルキャストの美人お姉さんは、「本来なら色々とご案内するのですが、『ファンタズミック』が始まっておりますので とりあえずお部屋へ急ぎましょう~」と足早にお部屋に連れていってくださいました。
ミラコスタでゆったりと過ごしていた方々はなんなんだあの一団は~ と思ったことでしょうね~

で、お部屋に着いて、ベルのお姉さんが部屋を開けると~
ファンタズミックの音が聞こえて~みんな~窓に群がりました~

大きな窓が開くと音がもっと鮮明に聞こえました~
ところが、窓が少し空いたところで開かなくなってしまいました

「あれあれ・・・そっか~これ以上開かないんだ~バルコニーに出れないんだ~
あまりにパニック過ぎて訳がわからなくなってしまっていました。

すると、ベルのお姉さんが、「お待ちください」と 
ササッと窓に駆け寄り 窓のストッパーをちょいちょいと動かし
窓を全開にしてくださったのです

スペチアーレ・ポルト・パラディーゾサイド・バルコニールーム

で、あの臨場感ある『ファンタズミック』のショーを楽しむことができたのでした

ベルキャストのお姉さんその節は、このガサツな家族を案内してくださりありがとうございましたm(__)m

部屋に残っていた主人が、『サローネ・デッラミーコ 』の行き方などの説明を受けていました。
私も浮かれて外におりましたが、途中で部屋に戻り
「ドタバタとしてしまって申し訳ありませんでした。お陰様で『ファンタズミック』に間に合いました。ありがとうございました」と、お礼をいいましたm(__)m

前半の部分は、見れませんでしたが大満足
ひとつ夢が叶いました

本当に間に合ってよかった~ 

つづく