Disney大好き大家族・ありもママの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Disneyが大好きな大家族(子供5人)です!!
一年中Disneyの事を想って貧乏暮らしをして,年に1~2回のDisney旅行に全てをかけています!!
想いのつまったDisneyの思い出をのんびり書ています。(そのため時季外れになります)
ちょっとした豆知識なども織り交ぜていますので、皆様のDisneyでの過ごし方のヒントになればと思います!
子連れDisneyデビューの方は必見!?です(*´▽`*)!!
その他、日々の生活と ありもママの独り言も交え綴っています。!
更新は、週に2~4回になります( *´艸`)

我が家がDisneyを大好きになった訳( *´艸`)【3】 ほぼ初Disneyの子供たち~ディズニーランドへ 

 

スポンサーサイト楽天トラベル

 
 

2004年10月Disney旅行記

秋の旅行をDisneyに決めた 父と母。
子供達(1号小2・2号年中・3号1歳)に内緒でディズニーリゾートにやってきました。

1号・2号は、記憶にないくらい小さなころに入園しただけ・・・


ディズニーランドの駐車場で目覚めた子供達
朝の反応は~想像と違い あまりよくなかった

さてさて、この家族 いつディズニーに目覚めるのか

 

【ほぼ・初Disney】


つづきです 

子供たちは、小さいころに来ては、いるものの~全く記憶にない状態。
記憶に残る年齢になってからの【ほぼ、初のDisney経験】の始まりです



夢の国の朝

 

夢の国の朝は、早い
・・・まだ6時と言うのにランド駐車場のトイレは、大行列!

しかも手洗い・鏡前があまりに混んでいてビックリ
皆さんとっても慣れていて 洗顔、はみがき、お化粧と余念がない。

でも・・・手を洗う人を優先にしてくれたらいいのに~
・・・大人げないな~ とも思いました。


ディズニーランドに入園!!

 

この日開演8時だったと思いますが、エントランスに人がどんどん向かっていく

我が家は、エントランスの状況も考えず
持ってきたおにぎりを食べてから~のんび~りエントランスへ。
 今ならとりあえず 私並びますけど(''◇'')ゞ

先ずは、みんなでチケット販売ブースへ並びました。 
 このあたりが慣れていない今なら絶対 分散して並ぶのにな

子供達のチケットは、買わなければなりませんでしたし
記憶が確か出ないのですが、送られてきた引換券をチケット販売ブースで替えたような?気がします。

チケットを購入後~入場口へ。
開演の雰囲気にのまれながらなだれ込むように入園


東京ディズニーランド

 

Disenyハロウィーン

この時、よく知らなかったので 
不思議に思わなかったのですが、ハロウィーンの時期でして
仮装の方々を多くみました。
 ハロウィーンの仮装もまだまだ珍しかったころです。
  田舎者は、これがDisneyなんだと
  Disneyだから仮装が当たり前なのか?と気になりませんでした。

 

写真こそないのですが、『美女と野獣』に出てくるポット婦人とチップに仮装した親子を見ました。
イメージ

 

©下の絵のポット婦人・チップ君は、ワンス・ア・ポンア・タイムのお菓子の箱より切り抜き拝借していますm(__)m

どうにも上手く書けないので。。。断念しました(>_<)

それにしても絵心なくてすいません

ディズニー仮装

 

手作りの物で 忠実な色使い

今思うと、相当グレードの高い仮装でした

今は、仮装日が決まってますよね

多分あのころは、入り口でシールをもらったらOKだったのではないか?と思います。定かではありませんが・・・。
キャストさんから入り口でシールをもらっている人がいて・・・なんでウチはもらえないんだ?あのシールはなんなんだ?と思った記憶があります。


【ほぼ初ランド】での過ごし方

さて、ディズニーランドほぼ初心者のこの家族・・・
人混みに完全に呑まれていました

『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』ができたばかりの年みたいで 
そりゃーそりゃー並んでました

この日この家族は、乗りたいもの…というより 
乗れるものに並びました。カリブの海賊』 『ジャングル・クルーズ』 『ウェスタン・リバー鉄道』 『魅惑のチキルーム』
もちろん『トムソーヤ島いかだ』にも

このころから『のんびり作戦』は、構築されていたみたいです


当時、撮ったビデオ


ビデオにこんな会話が偶然 撮ってありました。
『蒸気船マークトウェイン号』に乗っていると1号の様子がおかしい・・・

母  「1号、どうしたの?」

1号 「・・・。」

母  「んー?」

1号 「・・・バジュ乗りたい。。。

母  「え?バズ

1号 「・・・」頷く

母  「うーん。でも混んでるよ~。お父さ~ん1号、バズ・ライトイヤーに乗りたいんだって~」

父  「バズか~並ぶぞ~」

母  「バズ並ぶってよ~

父  「2時間くらい並ぶんじゃないかな~」

母  「1号並べるの

1号 「うん・・・」頷く

父母 「じゃ~バズ行くか~

Disney大好き・大家族ならでは話子育て話
子育てを振り返る 

 
この映像・・・たまたま別の映像を探していて 発見されました。
我が家は、ビデオを撮りっぱなしで 編集しないのでホントに偶然発見されました。
折しも、1号が中学に上がるころだったかな・・・反抗期も目前だったかと。 
母は、この映像を見たとき涙が出ました
1号が小さくて可愛くて抱きしめたくなりました。
確か、この映像を見た時は、もう人前で手を繋がなくなっていた頃でした。
もっとたくさん抱きしめてやればよかった。もっと甘えさせてやればよかった。。。
そう 強く思いました。

我が家には、子供がたくさんいます。常にベービーがいます。
上の子は、少なからず 甘えたいと思っていても 
母の腕に小さな子がいたりして 我慢したり、待たされたりしたことでしょう。

ある方に「母の愛は〇分の1なのね・・・」と言われたことがあります。
〇は、子供の人数です。
言われた当時は、3人だったので 母の愛は、3分の1 でした。
その方は、一人目を生んだばかりでしたし、なんの気ない、悪気のない言葉のつもりだったのかもしれませんが・・・母には、とてもショックな言葉でした
その方のお顔は、覚えていませんが、いまでも心に残っています。。。

ありもママは、そんな風に我慢させたことを可哀そうに思いながらも
子供達には、その分別の幸せを感じて育ってほしいと切に思うのです
家族・兄弟のいる喜びを 
これは、母のわがままかもしれませんね・・・

たまたま会話が残っていて 本当によかったとても懐かしく 母の大事な宝物の思い出

しかしこの映像は、他の兄弟達にとっては、格好の笑い話になりまして・・・今でも『1号のバジュ乗りたい』とういう題名でかまわれます
いつも えばっている1号も苦笑いするしかありません


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・

蒸気船マークトウェイン号


蒸気船マークトウェイン号から降りたらバズに向かうことになりました
 
つづく